VOICE VOICE VOICE 先輩社員の声

岩永紘治 1998年入社

限られた時間内で求められる判断力と対応力 
この厳しさをやりがいに変えて 
運送サービス部 航務グループ班長

空港が好きで、英語にも興味があり、航空業界を目指しました。入社以来、航務グループでロードコントロールを担当。ウエイト&バランスと呼ばれる、航空機に搭載される手荷物や貨物の重量調整を行い、航空機がフライトする際の重心位置を決める業務です。機体の種類によって重量や調整方法が異なるうえに、到着時間が定時より遅れても出発時間に合わせて調整しないといけないので、瞬時の判断力や対応能力が求められます。航空機の安全運航に大きな支障が出る業務なので、計算間違いや判断ミスが起きないように常に気持ちを引き締めています。責任の重い仕事ですが、もともと負けず嫌いの私はこの仕事の厳しい面が好き。航空機を地上で支えるという使命感がむしろやりがいに変わっています。Kグランドサービスは所属長と気軽に話せるなど、上司との距離も近く、働きやすい会社。伸び伸びと仕事ができる、この環境もお気に入りです。

1日の流れ

AM 6:00

出社。今日の便の搭載計画書を確認。旅客機や貨物専用便など、担当する航空機の離着陸の予定を把握。ウエイト&バランス業務開始。出発までにパイロットに重量や重心に関する書類を手渡しするのも重要。早めの提出を心がけることで、直接「ありがとう」の言葉を受ける場合も。

PM 2:30

この時間までに2~3便を担当し、業務終了。

※早番・遅番のシフト体制


兵庫弘将 2002年入社

「飛行機に乗る時間」を快適に演出 
日々の改善意識が業務の質を上げていく 
機体サービス部 客室・機内用品グループ

「何もなかった海に土が埋められ陸になり、連絡橋がつながり、空港ができて航空機が行き来する」。子どもの頃にそんな光景を見て、大人になったらあの空港で働きたいと思ったのが入社したきっかけです。私の主な仕事は、機内でお客様が使用するブランケットやヘッドフォン、アメニティグッズなどの備品をセッティングすること。また、機内放映用のニュース番組のビデオ録画なども行っています。お客様の目線に立って機内用品の提案を行うことで、航空機の運航に携わり、高品質なサービスで快適な空の旅を提供する一員になれるので、作業の達成感がありますね。当社は、年齢に関係なく仲間が意見を言い合える、風通しの良い職場です。私たちは長い経験の中で固定概念に縛られている部分もあると思うので、入社される方には、「なぜこんなことするの?」「この場所にこれは不要では?」などの意見をどんどん口に出して欲しいと願っています。

1日の流れ

AM 7:30

出社。今日のフライトスケジュールを確認。各便に搭載する備品の種類や数量を把握し、各チームに作業指示を行うプレパレーション(準備)開始。
備品が集結している倉庫で在庫の保管状況をチェック。備品に偏りがないように、必要とあれば航空会社へ備品の配送を依頼。

PM 4:00

次のシフト勤務担当者に申し送りをして、業務完了。

※早朝・昼~夕方・夜間の3交替制


四本 光 2006年入社

子どもの頃に描いた夢に向かって一直線
どんなときでも、憧れが仕事の原動力になる
ランプサービス部 第5グループ

幼い頃から飛行機に乗る機会が多くあり、そのたびに見かけたマーシャラーの姿に目を奪われていました。航空系の専門学校へ進み、今では憧れのマーシャリングと搭載業務という、航空機の誘導業務と、お客様の手荷物や貨物を航空機と貨物専用機に積み込む業務を担っています。旅客機の扉の開け閉めにすら特定の資格が必要なのが、この業務の厳しさでもあり、誇りでもあります。私自身も「搭載監督者資格」をはじめ、約40以上の資格をすでに取得済。また、毎便ごとに条件も課題も異なるのが、この仕事の面白さです。たとえば少しの雨風で、いつもならばスムーズにこなせる作業も、倍ほどの時間がかかったりすることも。限られた時間の中で安全かつ確実に業務を終えて、定刻通りに航空機を見送ることができたその瞬間には、どんな苦労も報われる気がします。社内に新たな仲間が増えている今、OJTや通常業務を通じて後輩から頼られ、尊敬される存在であり続けることが、次なる私の目標となっています。

1日の流れ

PM 2:30

出社。今日の便の搭載計画書を確認。旅客機や貨物専用便など、担当する航空機の離着陸の予定を把握。到着した航空機から貨物、手荷物、郵便物等を特殊器材を使い取卸し、貨物上屋・手荷物荷捌き場等へ搬入。出発作業も同時進行し、搬出してきた貨物、手荷物、郵便物等を搭載し航空会社の定時運行に努める。

PM 11:00

この時間までに4便を担当し、業務終了

※早番・遅番のシフト体制