WORK CONTENTS 業務内容


RAMP SERVICE ランプサービス 航空機が翼を休めた瞬間、私たちの仕事は始まる

images

搭載業務

手荷物、貨物の取卸し
 ウオッチマン(航空機の翼端監視)
 ステップ車装着
 ボーディング・ブリッジ操作 
 センダー(航空機の出発)

航空機の定時運航をルールに、手荷物と貨物に込めるホスピタリティ

航空機には旅を楽しむお客様の手荷物はもちろん、貨物や郵便物も搭載します。これら手荷物と貨物の積み込み、搬送・搬入を担うのが搭載業務です。コンテナやパレットに積み込まれた貨物や手荷物を限られた時間内に、正確に積み込むのが私たちのミッション。美術品や動物など特殊な輸送物の搭載方法にも全てノウハウがあり、到着場所に破損なく届けるために細心の注意を払います。私たちはお客様と接することはありませんが、「大切な手荷物を無事に届ける」といった強い使命と責任を胸に、最高のチームワークで取り組んでいます。さらに航空機の到着時やお客様を乗降させるパッセンジャー・ボーディング・ブリッジ(PBB)の取付け、貨物の搭載などで、特殊機材、特殊車両が活躍。稼動効率とパワーを高める専用装置の機能とそれをコントロールする人の技術を融合させ、航空機の定時運航を実現しています。ダイナミックでありながら、細やかなホスピタリティ、高度な技術が必要とされる現場です。


images

誘導業務

マーシャリング(航空機の誘導)
トーイング(航空機の牽引) 
プッシュバック 
ブレーキマン

着陸から出発の限られた時間に、航空機を正しく安全に導く

滑走路に着陸した航空機が定位置に駐機するように機体を誘導させるのがマーシャリング。航空機にとって着陸のナビゲーションの役割を果たします。機長とアイコンタクトを取りながら手信号で正確な駐機ポイントに誘導する仕事です。また、航空機のトーイング移動時におけるコックピット内での航空機ブレーキ操作にはブレーキマンが活躍。そして、 巨大な航空機を押したり、引いたりするのがトーイングやプッシュバック。後退ができず、機体が巨大なために多くの死角がある航空機を駐機場内で安全・確実に動かす仕事です。パイロットへの合図、航空機の安全確認など専門知識を持ったスタッフがこの業務を担います。300トン以上の重量を持つ航空機を自在に牽引するには、特殊車両の存在が欠かせません。トーイングカーなど一般道路では見ることのできない車両が行き交うのがランプサービスの現場。車両運転の資格はもちろん地上支援業務のプロフェッショナルとしての専門知識と経験が求められます。


PASSENGER SERVICE 運送サービス 技術も品質管理も、お客様の安全と快適のために

images

旅客・手荷物業務

旅客手荷物の搭降載管理

日用品やビジネスツールが詰まった手荷物を確実に現地へ届ける

航空機に乗り込むお客様にとって、日用必需品やビジネスツールが詰まった手荷物は必携品。目的地での手荷物の未着や誤着はすべてのスケジュールを台無しにします。この大切な手荷物の搭降載業務を担います。預かった手荷物を搭乗する航空機の便別に仕分け、積み付けや引き渡しをサポート。正確な仕分けはもちろん、破損や汚れが起きないようにていねいな扱い方が求められます。現地に着いたお客様が空港で自分の手荷物を受け取り、晴れやかな気持ちで旅をスタートしていただくため、細心のホスピタリティで対応。手荷物を安全に確実に届けることは、航空会社の品質やブランドを高めることにもつながります。


images

BHS管理業務

BHS(バゲージハンドリングシステム)管理

手荷物輸送に特化した空港搬送技術を駆使し、安全・着実な管理を実現

お客様の手荷物や貨物を安全かつスピーディーに扱うためには、搬送機などの機械システムの存在が不可欠です。関西国際空港には自動手荷物ハンドリングシステム(BHS)が導入されており、膨大な量の手荷物を安全・確実・スピーディーに仕分け、搬送。この高度なシステムの運用・管理・保全を担うのがBHS管理業務です。コンベアやソーター、仕分け装置などが複合的に構成されているBHSは徹底した運用状況の管理も必要。集中監視センターで日夜スタッフが厳しい視点で手荷物の動きを見守っています。また、システムの不具合を未発に防ぐための保守・保全も担うことで、徹底したサポート体制を実現しています。


images

ロードコントロール業務

ロードコントロール 
機長への報告

燃料・貨物・手荷物の重さを把握し、航空機の安全運航をサポート

大量の手荷物や貨物が搭載される旅客機や貨物専用機。これらの航空機が安全に運航するための調整を担います。最も重要な仕事はウエイト&バランスと呼ばれる、航空機の重量調整。航空機に搭載される燃料・貨物・手荷物の重さ、お客様の人数などを考慮し、搭載位置や搭載量を決め、航空機が最適なバランスを保ちながら運航できるように調整します。機種によって重量や調整方法が異なるため、一機一機に合わせた調整スキルが求められる仕事です。複雑な計算式の理解や経験値が必要でもあり、離着陸の時間変更に対する判断や柔軟な対応も大切。オフィスワークでありながら、地上のもう一つの「現場」なのです。


images

バゲージラッピング業務

バゲージラッピングサービス
	ラッピング材・緩衝材・結束バンド等の販売

破損・汚損…あらゆるトラブルから手荷物を守る。安心の旅を約束する画期的なサービス

お客様がお持ちになった手荷物(受託手荷物)を損傷や汚損、遺失、水濡れなどのトラブルから守るラッピングサービス「YOUR WRAP」。専用フィルムで荷物を梱包することで、お客様の快適かつ安全な旅をサポートします。乗り継ぎのあるお客様のために複数の手荷物をひとつにまとめたり、ゴルフバッグや楽器、箱に入っていない自転車などを傷がつかないよう保護したりと、あらゆるニーズに応じた多彩なサービス内容が特徴です。海外ではメジャーなこのサービスに、国内でもいち早く着手した当社。関西国際空港第1ターミナルビル4階北側にカウンターを設け、国内のみならず欧米・アジア各国の多くのお客様に好評を博しています。


AIRPLANE SERVICE 機体サービス お客様の笑顔に出会いたいから。そんな思いが質の高い仕事につながる

images

機内用品セッティング業務

快適な旅に欠かせない機内備品を提供。「空の旅」の特別感と快適さを演出する

航空機内でお客様が席に着かれたとき、まず目にするのが機内雑誌やヘッドフォン、ブランケットやアイマスクなどの機内備品。これらが機内にセッティングされる前の仕分けを担います。航空会社や座席ランク、フライト時間帯、路線などによって備品の内容も異なるため、多種多様な備品が空港ビル内の倉庫に集結。在庫管理も含め、個数や内容の間違いがないように綿密に仕分け作業を行い、カートで機体の側まで運ぶと準備完了です。エンターテインメント性のあるチャーター便に向けた備品では、お客様のワクワク感を倍増させる限定アイテムでサプライズを提供。“飛行機に乗る”という特別感と快適さを演出する仕事です。


images

機内放映用ビデオ業務

早朝、正午、夕刻、夜。定時に提供されるニュース番組を通して日本の情報を機内へ

航空機内という限られた空間の中で得られる情報提供の一端を担う仕事です。特に国際線においては長時間のフライトに及ぶため、日本で発生した事件や事故の最新情報の提供は大切な役割を担います。空港ビル内のダビングルームで早朝、正午、夕刻、夜の各時間帯に定時に放映されるニュースを録画し、機内への搭載準備までを担当。日常生活で見慣れた日本のニュース番組を航空機内で放映することで、ビジネスや旅に向かうお客様の緊張をほぐし、安心感を提供する役割も。万が一、航空機内で異変が起きたときの安全対応や救命具の扱い方などを説明するビデオの準備なども業務に含まれます。


images

通関業務

国内から海外へ、海外から日本へ。専門スキルを駆使し、モノの流れをリード

空港は国内外からあらゆるモノが集結し、世界各地へ届けられる物流拠点のひとつでもあります。通関業務は航空貨物の輸出入に必要な手続きを一貫して担当。国内各地から海外諸国へ、また海外から日本各地への輸送をコーディネートします。扱うモノの種類によって細かい分類が必要で、申告手続きや関税、消費税など複雑な法律や取り決めがあります。そのスペシャリストであり、国家資格を持つ通関士が活躍している部門です。正しく効率的な輸出入を実現するためには必要不可欠であり、モノの流れをつかさどる上で専門的な知識が求められる業務。世界と日本をつなぐ大事なゲートとしての役割を担っています。